借金返済

1からやり直すのなら自己破産もやむなし

20万円以下の預貯金以外、すべての財産を清算して債権者に支払いをする代わりに借金が免除されるシステムです。自己破産をすると土地や住宅などの不動産や保有する株式、自動車、生命保険の解約返戻金など、ありとあらゆる財産を返済に充てなければなりません。ただ、やはり気軽に自己破産する人は皆無で、多くの方は、他人に及ぶ迷惑を考えてしまうからでしょう。実際には、保証人になってもらうなどのことがなければ、家族がローンを組めなくなったり、クレジットカードが持てなくなるということもないので、なるべく早く専門家に相談するべきだと思います。

自己破産と差し押さえ

自己破産をするということは、すべての財産を差し出すという決断です。経営者であれば、家も会社も取られてしまうわけですが、給与所得者の将来の給料までも取ってしまうということではありません。自己破産の手続きが開始されると債権者による強制執行はできなくなるのです。はやめに専門家に正直に相談することが何よりも大切だと思います。

自己破産から最大10年はブラックリストに載ると覚悟して!

ブラックリストに載るのがいやで地獄に落ちてしまっては元も子もありません。借金の問題は、あなたが考えているほど大変ではないかもしれません。考えようによっては、金融機関からお金を借りない生活ほど健全なものもありません。ブラックリストに載ることのデメリットよりも、お金を借りない生活のメリットのほうが大きいのかもしれません。借金をせず、豊かな毎日を送れるかもしれないのですから。

無料相談が出来る良い法律事務所と司法書士事務所の選び方


このページの先頭へ戻る