借金返済

裁判所に再生計画を提出する個人再生

個人再生とは、自己破産と任意整理の中間に位置する借金問題の解決方法です。裁判所に申し立てをして債務を大幅に免責してもらって返済する方法です。個人破産との一番の違いは、場合によっては所有する住宅などの財産を処分せずに大幅な借金額の減額が認められることです。

個人再生と住宅ローン

現在、住宅ローンを支払っている場合にも個人再生は可能です。住宅ローンを今まで通り支払いながら、そのほかの金利の高い消費者金融などの債務を5分の1に減らして支払い続けることで今住んでいる家に住み続けることができます。債務整理と同じく現在の収入と家計の状況などと照らし合わせて無理のない返済額を着実に払うことで成立しますが、可能かどうかは専門家に相談してみなければなかなかわからない部分も多いです。

個人再生と財産

また、現在の経済状況ではあまりないと思われますが、住宅の価値が住宅ローン残高よりも高い場合には、個人再生の手続きができないケースもあります。また、生命保険の解約返戻金や預金、株式、自動車など財産の金額の合計額以上の金額を返済することが、再生の条件となりますので、詳細は相談してみないと個人再生が可能かどうかはなかなかわかりにくいものです。

個人再生と不動産担保ローン

今お住いの住宅を担保にした不動産担保ローンを借りている場合には、個人再生は適用されません。住宅ローン以外で抵当権がついていると場合によっては個人破産しかないのかもしれませんね。不動産担保ローンでお金借りようとする場合には押さえておきたいポイントといえるのではないでしょうか?

無料相談が出来る良い法律事務所と司法書士事務所の選び方


このページの先頭へ戻る